不倫相手からのメール、ホテルの領収書、そして見に覚えのない香水の匂い…。
浮気を直感できる証拠は数あれど、実は裁判でも証拠として認められるものは限られています。

法律的に「浮気している」と認められるためには、浮気の事実を客観的に証明しなければなりません。
その場合、

・一回だけ女性の家を訪れた際の写真
・不倫相手からの愛情を示すメール
・(写真などの証拠がない場合)ホテルの領収書のみの証拠

このように、直接的に肉体関係を証明できないものは、裁判においては証拠としての立場が弱いと言わざるを得ません。

裁判で証拠として認められるためには、

・何度も不倫相手と会い、自宅に通っている
・何度も不倫相手とラブホテルに通っている
・ラブホテルの滞在時間が十分に長い
・肉体関係をほのめかす内容のやり取りがある

などの事実を示す証拠が必要です。
そのためには、浮気調査のプロによる徹底的な調査が不可欠なのです。

総合探偵社アイミッション愛知三河では、お客様の「相談してよかった」というお声を糧に、高いレベルの浮気調査を行っております。
愛知県三河地区を中心に、全国各地のお客様からのご相談を承っております。
お客様のお悩み、孤独、不安に寄り添い、共に解決を目指します。
一人でお悩みになるのではなく、まずはお気軽にご相談ください。

尾行調査料金やシステムについて等、お気軽にお問い合わせください。0120-898-779随時受付中

お問い合わせはこちら 相談無料・秘密厳守